無煙ロースターの修理、入替え、ダクト洗浄のことならY-TEC

Y-TEC

ご訪問可能エリア

ご訪問可能エリア

福岡県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県

焼肉店で無煙ロースターを洗浄するメリットをご紹介

トピックス

焼肉店で無煙ロースターを洗浄するメリットをご紹介

投稿日:

焼肉店と無煙ロースター

最近の焼肉店のほとんどは、無煙ロースターを使用しています。
しかし、残念ながら無煙ロースターやダクトの掃除を行っていない店舗も多くあります。
今回は、無煙ロースターを清掃するメリットをご紹介いたします。

焼肉店で無煙ロースターを洗浄するメリット

防災

無煙ロースター・ダクトの掃除を怠ると
油や誇りといった蓄積物が混合され可燃物になります。
可燃物がダンパーの作動を阻害し、火災時にダクト内で引火して火災が拡大し建物全体に及ぶ自体を引き起こします。

省エネ

無煙ロースターの清掃を怠ったまま使用する場合、吸煙などの機能低下や寿命短縮につながります。
また、汚れでうまく作動できずに余計な電力が発生しコストが上がる場合も。
清掃を行うことで良好なパフォーマンスで省エネ化できるでしょう。

衛生

悪臭や害虫・ネズミなどの発生リスクが減ります。
上記が発生した場合は、とても不衛生な状態になり食中毒のリスクが高まります。

焼肉店で無煙ロースターの洗浄を怠ったがために発生したダクト火災

年々火災事件は減少しているのに対して、無煙ロースターが原因の火災が相次いでいるのをご存知でしょうか?

無煙ロースターで火災が発生した原因

排煙ダクト内に火のついた肉片や炎(火の粉)が吸い込まれ、排気ダクト内に付着していた油脂などに着火し出荷するケースが多いです。
また、壁内・床下の排気ダクトに木製の建築材が接するなどにより、木材に熱が加わり水分が徐々に減少し炭化したところに
さらに熱が加えられ、ダクト周囲が急に出火される場合があります。
多発している無煙ロースターが原因の火災やダクト火災により。全国各地で消防や市が注意を呼びかけています。

ダクト火災の恐怖

ダクト火災の場合、ダクトが天井や床下などに配置していることが多く、火災に気づくのが遅くなります。
火災を発見した時には、既にかなり火が回っていることもあります。
建物同士が近い場合やビル内での火災の場合などは、延焼を招く恐れもあるため他の火災よりリスクが大きいと言えます。

鹿児島・宮崎・熊本・大分・福岡の
無煙ロースター・ダクト洗浄はY-TECにお任せください。

  • 最近ロースターテーブルの調子が悪い(老朽化、着荷不良など)
  • ロースターの吸い込みが悪く、店内に煙が上がる
  • 給気と排気のバランスを見直したい
  • もっとお客様を呼べる快適で綺麗なお店にリニューアルしたい

などのお悩みは、お気軽にY-TECにご相談ください。
ご相談、訪問調査、お見積もりは無料で行っています。

今お使いのロースターの修理、入れ替え、
排気ファンのオーバーホール、ダクト洗浄、
何でもご相談ください。
無煙ロースター 修理・入替・洗浄のY-TEC
農林水産省認可 全国焼肉協会 焼肉アドバイザー(A0065)

お問い合わせは080-5607-3298まで

お問い合わせフォームはこちらから

-トピックス

Copyright© Y-TEC , 2019 All Rights Reserved.