無煙ロースターの修理、入替え、ダクト洗浄のことならY-TEC

Y-TEC

ご訪問可能エリア

ご訪問可能エリア

福岡県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県

手入れがされていない無煙ロースターが原因の焼肉火災事件をご存知でしょうか?

トピックス

手入れがされていない無煙ロースターが原因の焼肉火災事件をご存知でしょうか?

投稿日:

みなさん焼肉店で無煙ロースターが原因の火災がたくさん発生しているのを知っていますか?

近年焼肉店では、無煙ロースターが原因となって火災が発生してしまうケースが増えてきています。
延焼してしまう主な原因の一つが掃除不足です。
定期的にきっちりと掃除をしているつもりでも、ロースター本体だけでなくダクト内部まで綺麗にしなければ意味がありません。
ダクトの内部に油塵が徐々に蓄積されていき、その部分に肉のかけらなどが入っていくことで火がついて延焼を引き起こす原因となります。
安全に活用するためにも、正しい知識を身につけて徹底的に管理することが大事です。

年々増える、焼肉店で無煙ロースターが原因の火災とは

焼肉店での無煙ロースターが原因となった火災の件数は、近年増加している傾向にあります。
その原因は掃除がしっかりとされていないということが主なものです。
排気ダクトなどを定期的に綺麗になるまで掃除しないと、油塵がだんだんと内部に溜まってきます。
その状態で火がついているお肉のかけらなどが無煙ロースターに吸い込まれていくと
溜まっていた油塵に火がついて場合によっては火災にまで発展してしまうこともあるので注意が必要です。
防火ダンパーの構成部品がきっちりと取り付けられていないと、正常に機能が作動せずに排気ダクトの中まで延焼が広がっていく恐れがあります。
油塵が蓄積していることで防火ダンパーが思うように機能しなくなる場合もあるので、必ず定期的に掃除を行って綺麗な状態を維持しておくことが重要です。
クリップなどで固定されてしまっている場合にも、防火ダンパーが動かなくなって延焼が大規模にまで発展していくこともあります。

無煙ロースターを使用している焼肉店がすべき掃除

無煙ロースターを用いて焼肉店を運営している場合は、正しい知識をもってしっかりと定期的に掃除を実施していくことが非常に重要です。
ロースター本体内部のみを掃除するお店もあるかもしれません。
しかし、内部に油塵が蓄積していくとその部分に残っているお肉のかけらなどに火がついて延焼してしまう危険性があります。
延焼することに加えてさらに範囲が拡大していき、場合によっては火災にまで発展してしまう恐れがあります。
無煙ロースターを安全に使用するためには、ロースターテーブル内部の目に見える部分だけでなくダクトを掃除することが大切です。
オイルフィルターやダンパーなど、油が付着しやすい部分は念入りに掃除するようにしましょう。
無煙ロースターには主に上引きタイプと下引きタイプの二種類がありますが、どちらも内部までしっかりと汚れを取り除くことが重要です。
徹底的に油を落として綺麗にすることで、清潔な状態を保つことに加えて火災の発生しない安全なお焼肉店にすることができます。

鹿児島・宮崎・熊本・大分・福岡の
無煙ロースター・ダクト洗浄はY-TECにお任せください。

  • 最近ロースターテーブルの調子が悪い(老朽化、着荷不良など)
  • ロースターの吸い込みが悪く、店内に煙が上がる
  • 給気と排気のバランスを見直したい
  • もっとお客様を呼べる快適で綺麗なお店にリニューアルしたい

などのお悩みは、お気軽にY-TECにご相談ください。
ご相談、訪問調査、お見積もりは無料で行っています。

今お使いのロースターの修理、入れ替え、
排気ファンのオーバーホール、ダクト洗浄、
何でもご相談ください。
無煙ロースター 修理・入替・洗浄のY-TEC
農林水産省認可 全国焼肉協会 焼肉アドバイザー(A0065)

お問い合わせは080-5607-3298まで

お問い合わせフォームはこちらから

-トピックス

Copyright© Y-TEC , 2019 All Rights Reserved.